トップページへ戻る | ページ現在地:ベルのサービス

ベルのサービス

冠婚葬祭のご返礼はやっぱりベルです!!「デパートよりもいいね!」と言われるのには理由があります。

確かなギフトを全てワンフロアに展示。
見やすく、選びやすい、さらに専門店ならではの多彩なサービスが充実!
専門店の中の専門店です。

 

ベルだけの高品質で多彩なサービス
 
 
送料

●ちょっとうれしいサービス

商品と一緒に送りたい物などございましたら、お気軽にお持ちくださいませ。極端に大きい物でなければ一緒に荷造りさせていただいております。

●インターネットで配送状況の確認

インターネットから荷物の配達状況を確認する事ができます。
ヤマト運輸のトップページから「クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム」へ。
送り状番号を入力すると 、お荷物の配送状況が表示されます。
クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム:
http://toi.kuronekoyamato.co.jp/cgi-bin/tneko

●荷造りの出来るまで

荷造りの出来るまで
 
贈答品5年間品質保証 カタログギフトと食品・石ケン・洗剤以外千円以上の総ての商品に添付

 受け取られた贈答品の中には、すぐにご使用にならず一旦は蔵い込むのはよくある事かと思います。いつしか時が経ち、いざ使う段階になって、初めて不備に気がついたような場合でも全て5年間は保証致しますと言うのが、ベル独自の考えです。

 ベルで取り扱っておりますほとんどの商品は、メーカーのしっかりした一流品や、特選ギフトの確かな物ばかりで、品質には非常に高いものがあります。

 出荷検品時でも、どこよりも手間をかけ、厳重に検品致しております。がしかし万一の検品漏れや、箱から出して使って初めて気がつく不都合もないとは限りません。受け取られた贈答品が喜んで使っていただいて初めて生きた贈り物になりますし、贈り主様や私共の喜びでもあります。私共から、包装された商品を受け取られた総ての方が、ご満悦いただけますよう、最大限商品に責任を持ち、最善の対応を致しております。何かお気付きの点がございましたら、何なりとご遠慮なくお申し付け下さいませ。

 このシステムは、5年間は万一の不具合や不良品を良品に交換するのを目的としたもので、永くご使用中の欠陥や、ご自身のご都合による他品との交換を目的とするものではございません。

 贈っても贈られても安心のベル独自のサービスです。安心してお選び下さいませ。

ページの先頭へ

知って得するQ&A

冠婚葬祭には、様々なマナーがありますので、のしの種類も多数用意致しております。お返しの内容によってそれぞれ異なって参りますので、どんな小さな事でも必ずご相談くださいませ。
従業員一同、お客様に信頼させる店を目指して、丁寧な仕事をなお丁寧にしていきたいと頑張っております。どうぞ何なりとお申し付け下さい。

ひとつ買っても、たくさん買っても、値段は同じですか?

内祝やお返し等 数のまとまったお客様ばかりですので お引きできる商品は総て値引きした正味の価格で表示しております。ただ、特選ギフト等 値引きできない物もございますが 品質重視の点で言えばお奨め商品です。表示価格には あらゆるサービス等が総て含まれておりますので 何をご利用になられても 余
分な費用は 一切かかりません。

2割引・3割引と言った商品もあるのですか?
その○○割引きの中に 貴方様が本当に欲しいと思う物がありますでしょうか? きっと逆の立場であれば それをもらって嬉しくないでしょう。割引商品の大半は底上げの定価を高く設定している物か 過去の処分品がよく見受けられます 若しくは二流品で何らかの欠点がある物かでまずお奨め出来る商品はありません。色々な理由がありますが割引商品には 必ず安くなる根拠があります。5割引で買われるのなら その予算で価値ある本物・新製品を お求めになられた方が 間違いなく 先様に歓ばれるでしょう。自分の物ならともかく 人様に差し上げるのに○○割引の返礼では 貴方様のお人柄を問われる事にもなります。十分ご注意下さいませ。
“特選ギフト”とは、どういう事ですか?
タオルやコーヒー・カツオ・海苔から石鹸に至る多くのギフト商品には同じメーカーの同じ商品でもデパート用・一般用・スーパー用・ディスカウント用などいくつものランクがあります。そんな中でベルは多くの商品を集めたギフト専門店なのです。目の肥えた方々の多い今の時代 安物や見掛け倒しのない 本当に品質にこだわった価値ある本物を取り揃えております。
自宅に届けてもらえるの?
2500円以上のご購入であれば ご自宅や職場へ全国無料でお届け致します。早ければ2~3日 商品によっては7日程かかる場合もございます。余裕を持ってご注文下さいませ。
送り先の住所を書くのが大変なのですが…
送り先のご住所リストをお持ち下さいましたら、当店で正確に印字致しますので、お気軽にお申しつけ下さいませ。
文字等に誤りがないか当店で二度確認後 お客様に最終見ていただいた後に発送致します。
お届先リストをデータ(エクセル形式をFD、CD-R、メール)でお申込みいただきますとより早く手配が出来ますし、お客様に見直し確認の手間もかかりません。もちろんお客様からお預かりした個人情報は厳重に管理致しておりますのでご安心下さい。
⇒エクセル形式 お届先リスト ダウンロード
商品券で お返しをしても いいのでしょうか?
ご返礼ですから額面がはっきり表示している物は 現金に対して 現金を突き返すのと同じ事になり 失礼に当たりますので 絶対にするべきではありません。自分は 善かれと思った事でも 年代や立場が違うと解釈も様々で 相手に冷たい感情を与え 中には気を悪くしたり プライドのある人は「人を○○して!」と憤慨される方も結構おられます。商品券が いけないのは 相手を見下げたようになる「寸志」や「お年玉」を目上の方に絶対しないのと同じ事です。その場合は先様が選べる カタログギフトの方が無難です。
他にどんなサービスがあるのですか。
一括ご自宅届け等で個々の宅配依頼がない場合は、宅配費用分を当店のポイント商品券でサービス致しております。お買い上げ合計金額1万円より約5%分差し上げております。無期限でご利用になれます。
返品や交換は?
必ずレシートもしくは 納品書をご提示下さい。2週間以内であれば無料で致します。
ただ個数の多い場合は 1個に付200円~500円の手数料としていただくこともございます。また 別にお取り寄せした商品 名入れ商品はお受け出来ませんので ご了承くださいませ。
 

ページの先頭へ

お返しの常識とコツ

ギフトはあなたの人柄です。
人付き合いの上手、下手はギフトが左右する事もあります。

 贈答のマナーの基本となるのは“お礼の気持ち”すなわち“心”を贈るということで、高価な物であればいいというものではありません。形式や金額にとらわれて、相手の立場になって考えることがお座なりになってはいけません。
 贈り物は、贈る人と贈られる人の心の絆を結ぶための手段なのですから、贈る人は、心を込めて品物を選ぶようにしてください。相場は地域によって微妙に異なりますが、昔から目下の人には全返し、目上や同僚には半返し、弔事や病気見舞いの時には、立場の上下関係なく半返しとされていました。しかし、本来お返しとはその額を返せばいいというものではなく、要するに気持ちですから、あまり金額にこだわらず、先様が喜んでいただけるような物で失礼に当たらないように選ぶことです。
 その為に4つのポイントをご紹介いたしましょう。

店を選ぶ
お気遣いいただいた方々に失礼の無いようにする事が一番大事なことで、色々と気を遣わなければなりません。その為、常に何割引表示している店、会員制割引の店、あまり知らない店や無印の包装紙では、安くかたづけられたという印象が残りますから気をつけたいものです。本当に贈り主の気持ちになって考えてくれる店で、本当に品質のいい一流品を取り揃えた専門店、“餅は餅屋”と言うようにその道の専門のイメージのいい店を選ぶことです。
信頼のある名の通った店なら、きっちり折り目をつけてお返しをされた、といういい印象が相手の心に伝わります。
季節に先駆けた物で有名メーカーの新商品を選ぶこと
新商品というだけでも価値はありますし、新鮮な感覚のデザインは、先様に必ずいい印象をあたえます。旧品は、すなわちバーゲンの安物という事になりますので、古い型ものや割引されている物は禁物です。
ブランド品でも××割引としている物は、最初から値引用に作った物か、型落ちやB級品とかのワケアリ商品です。それと、どこのメーカーかわからない物は安っぽいという以上に贈られた側が安心できません。また、たとえヤマキのカツオ、ネッスルのコーヒー、花王のアタックなどの有名メーカーでも厳選されて作ったデパート用から、一般店用やディスカウント店用に作られたゲリラ品までありますので、よく注意してください。そしてシーズンに先駆けた物を選ぶことです。例えば、8月も中旬を過ぎて夏物のタオルケットを贈れば、使う時期がほとんどなくて困ります。それよりは、コタツの上掛けか冬物の毛布や膝掛けを贈る方がこれからの季節に気の利いた物だということで喜んでもらえます。
先様の生活水準を見下げたような品は選ばない事
同じ金額なら、その金額で買える最上級の品を選ぶのが贈り物の大事なコツです。
例えば、同じ5,000円のスプーンセットでも、20本入りの物よりは10本入りでもいいから品質の良い方を選ぶこと。見かけばかりで粗末な物は生活水準を見下げたかっこうになり、かえって失礼に当たります。誰だってそんな安っぽい物なら欲しくないはずです。安いという物は必ずどこかに根拠がありますので、よく注意してください。
それと絶対にタブーなのが商品券です。お祝いやお中元・お歳暮などは現金や商品券を贈ることがありますが、お返しとなるとこれを商品券で済ますと、現金に対して現金を突き返す形になりマナー違反になります。相手の気持ちを考えず見下したようになり大変失礼になります。特に同輩や目上の方には絶対禁物です。
そういう場合は先様にお好きな物を選んでいただけるカタログギフト(リンベル、マイハート)にすると無駄がなく合理的で失礼にもならずきっと喜ばれるでしょう。
××割引というカタログは要注意!!
ちょっとひどい話ですが、あるカタログでは有名メーカー品でありながら3割引位を見越して、10,000円の毛布に15,000円と表示してあるのは結構よくある話です。有名食品メーカーでも品質の吟味されたデパート用もあれば、2割引、3割引を前提に品作りをするスーパー用、ディスカウント用ギフトも当たり前のように出回っています。メーカーが製造中止にした安物ばかりを主に扱う店も多いようです。ですから、安いだけで安易に決めてしまうと 思いの他失礼な物を贈ったりしている訳です。
失敗のない選び方は、信用のあるメーカー品を扱うイメージのいい店で決める事です。先様へ届いてから気付いたのでは取り替える訳にもいきません。頭から何割引きと言うカタログは特に要注意です。
とにかく、お返しのマナーは先様に絶対に失礼に当たらない様に心がける事が大原則なのです。
 
無料ギフトカタログ請求はこちら
 

ページの先頭へ